FX取引ペアの分かりやすい入門

trading

FXでよく見る「通貨ペア」は取引するうえで覚えておきたい単語です。

「通貨ペア」は取引する2つの国の通貨を指します。

以下では「通貨ペア」について詳しく説明し、どの通貨が取引にいのかをお話ししましょう。

FX取引のペアとは?

FXの取引のペアは、FXで買って、売る2つの通貨のを意味します。

例えば「日本円/米ドル」の場合、日本円を米ドルに換金し(買う)、米ドルを日本円にまた換金する(売り)、ということです。

通貨ペアのなかでも国内で特に主要なのは日本円、米ドル、ユーロです。以下はその3つの通貨を使った通貨ペアを3パターン紹介します。

日本円/米ドル

日本円は普段から使用している身近な通貨であり、為替手数料がかかりません。

日本市場の開閉時間は9:00~19:00と、私たちの活動時間に合っています。そのため取引がしやすい通貨のひとつです。

米ドルは、世界中で最も取引されている通貨になります。そのため取引額・量が大きく、安定しながらも利益を出しやすいです。

米ドル市場が活発な時間は日本時間で23:30~翌6:00(夏時間:22:30~翌5:00)と、値動きをリアルタイムで追いづらいものの、初心者でも安定して取引できます。

MT5ダウンロードすれば、リアルタイムで起きる必要はありません。

米ドル/ユーロ

米ドル/ユーロは世界中で取引が多い通貨ペアなため、値動きが期待できます。

ユーロはドルに続いて大きな市場です。多くのヨーロッパ諸国が使っている通貨であり、取引量が多くなっています。

またユーロ市場の取引時間は、日本時間で17:00~翌1:30(夏時間:16:00~翌00:30)と、アメリカと取引時間が被ります。

そのため米ドルに合わせて購入している人が、ユーロも一緒に購入するケースが多いです。

日本円/ ユーロ

日本円/ユーロも、日本円/米ドルと似た理由で多く取引されています。

ただしアメリカと違って、17:00~19:00の間は日本と取引時間帯が被るため、値動きが読み取りやすいです。

またユーロは20ヶ国以上で使われている通貨になります。

1ヶ国に経済や社会、貿易などに問題があっても、急に大きくレートが下がる不安は、アメリカと比べて低いです。

ぜひ自分に合った通貨ペアを使って、取引をしてみてください。

 

Rate article
interest-library
Add a comment