横山英彦(顔画像有)のブログ発見内容キモ!アメブロで竹達彩奈と友達だから間違いない!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

静岡県内の漫画喫茶のパソコンから人気アニメ「けいおん!」などに出演した声優
竹達彩奈さんの所属事務所に対して「あやちは絶対許さない死ね死ね死ね死ね」
などとメールを送信した疑いで逮捕された横山英彦容疑者。
横山容疑者は過去に竹達さんの事務所の採用面接を受けていましたが、
不採用だったこともキッカケして嫌がらせに発展したようです。

【スポンサードリンク】



横山英彦【画像】のアメブロを発見!おそらく本人で間違いない3つのポイント!


脅迫文を送信した犯人の横山英彦容疑者は、
見た目は地味目で細く華奢である。
陰湿なメールを送っていたのかと思うと、人は見た目で判断できませんね。

横山英彦容疑者の名前をネットで検索すると、アメブロがヒットしました。
このかわいらしいアイコンは横山容疑者が書いたのでしょうか?
かわいく色が塗られている、本人が色をつけたものか。

アニメが好きな男性のようだ。

【画像引用元:横山英彦のブログ

記事投稿も2記事のみ。
内容も特に刺激的な内容を投稿しているわけではない。
しかし、調べてみると横山容疑者のもので間違いない!
と思える3つのポイントを発見した。

①アメンバーを承認した人に竹達彩奈の名前有り!

②自己紹介に名前と生年月日、静岡県在住の情報!
横山容疑者は静岡県内の漫画喫茶のパソコンから脅迫投稿をしたとされています。
また年齢は32歳と警察が公表しています。
そこと照らし合わせると、一致する情報なのだ。

プロフィール:横山英彦
性別:男性
誕生日:1985年11月21日
血液型:A型
出身地:静岡県
お住まいの地域:静岡県
未既婚:未婚

③ブログ記事が2015年4月に投稿されたものだった!
容疑者をよそおってアメブロを開設したとしても、
記事投稿がなかったりするフェイクのものも存在しますが、
ブログの記事投稿が2015年の4月ということや、
ブログ内容が「信じていいのかな?」という意味深な内容。
おそらく、この時期には脅迫していたと思うので、
竹達彩奈さんへの歪んだ愛情が文章になっているのではないかと推測します。

【スポンサードリンク】



横山英彦のブログ(アメブロ)の記事内容全文公開!

では、さっそくどんな内容か記載。
おそらく竹達彩奈さんに向けての言葉ではないかと思います。

信じていいのかな?
2015-04-22 01:49:03
テーマ:ブログ
ずっと信じていたものを信じていいのかな?って疑問に思えてきてしまった。

ホントに人を信じるのって難しいんだなってつくづく感じた。

どうしたら、強くなれるんだろう。
どうしたら、信じられるんだろうって…

大切な人だからやっぱり信じたいな。

サン・ジョルディの日
2015-04-24 01:53:07
テーマ:ブログ
4月23日はサン・ジョルディの日でしたね(*/□\*)

特に女性から本を貰うだなんて出来事は無かったけれど、久々に平穏で本がじっくり読めたなぁと(笑)

途中、頭を抱えてしまうような事件もあったのだけど…
そちらも無事解決したし。

明日からまた気持ちを入れ替えて頑張れたらな!!

アメブロのプロフィール欄にも未婚と書いてありますし、
仮想の恋人の存在は竹達彩奈さん、もしくは声優を演じていたキャラクターかもしれません。

「信じられなくなってきた」
この言葉から、相手へ憎悪や不信感や嫉妬が湧き出てくるキッカケのように思えます。

【スポンサードリンク】


横山英彦が脅迫メールを送った声優竹達彩奈の声とは?!

見た目も麗しく、声も声優さんのかわいいアニメ声ですね。
夢中になる男性も多いはずです。
ですが、ご本人は本当に恐ろしくてしかたなかったでしょう。
以前、時音楽活動をしている女子大生が実際に被害にあった事件も起こっています。
今回は直接的身体的被害はなかったですが、
精神的な不安や恐怖はずっと忘れられずより深い傷になっている可能性もあります。
何かある前に逮捕されて本当に良かったです。

【こちらの記事も読まれています】
向井朋郎(TOMORO)逮捕前にツイッターに意味深投稿!竹内力と塩谷瞬と一緒に写る画像も!
カヌー鈴木康大の嫁は久野綾香で子供もいる!福島二本松市でSPORTS CLUB DREAMを運営!
小松正治(カヌー)がドーピング以外でも嫌がらせがあった?!ツイッターで告白!
三橋貴明の嫁はさかき漣(画像有)だったが離婚していた!秘書と不倫もしていた過去!

【スポンサードリンク】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。