雅子(モデル)は映画リングで貞子(子供時代)の母親役として怪演!YouTubeで今見てもゾクゾクするほど怖い!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

こんにちは、インタレストライブラリーです。

 

2019年7月19日金曜日の爆報フライデーにモデルの雅子さんの特集がされます。

 

雅子さんの半生を綴ったドキュメンタリー映画『モデル 雅子 を追う旅』が7月26日よりアップリンク吉祥寺で公開されるため、宣伝を兼ねています。当初1日1回/1週間の限定公開を予定していたいましたが、チケットが全回売り切れ公開を前にして延長上映が決まったほどの話題作品。

 

2015年1月29日に、肺動脈肉腫による多臓器不全のため50才の若さで亡くなられた雅子さん。調べていると、美しいモデルだったことは周知の事実だが、あの有名なホラー映画にも出演していたとのことで早速調べてみました。




モデルの雅子はホラー映画のリングで貞子の母親役を怪演していた!


画像出典:モデル雅子のアメーバブログ
まずは、雅子さんのプロフィールについてご紹介します。

 

別名義 大岡雅子
生年月日 1964年7月30日
没年月日 2015年1月29日
没年齢 50歳(数え52)
身長 / 167 cm
スリーサイズ80 – 60 – 86 cm
靴のサイズ 23.0 cm

引用元:Wikipedia

 

雅子さんの苗字は大岡。結婚したご主人様の苗字です。

 

東京都中央区日本橋出身で所属事務所はテンカラットPlume。1983年にモデルデビュー。当初はナウファッションエージェンシーに所属し、雑誌『an・an』や『クロワッサン』などでモデル活動した他、映画出演、コラム、エッセイなど執筆、バッグのデザインなども手掛け、多方面で活躍されました。

 

特に映画とフランスとチョコレートがお好きだったようで、今回のドキュメンタリー映画『モデル 雅子 を追う旅』の予告動画の音楽もフランス映画で流れるアコーディオンを使った音楽で、フランス映画を見るような気持ちになりました。雅子さんの好きが詰まった雅子さんの映画なのだと感じます。

美しいお顔を見ているとハーフなのか?と思うほどの独特の雰囲気をお持ちですが日本人のモデルである女優です。凛とした芯のある美しい女性ですね。

 

雅子さんは女優として活動された代表的な作品として、ホラー映画のリングの貞子の母親役があります。わたしはホラー映画が苦手ですがリングは大人気だったこともあり怖いもの見たさで拝見しましたが、まさか母親役だったのが雅子さんだとは存じ上げず。

 

山村志津子役で動画で探してみましたら出てきました。怖いです。モノクロの画像の荒い感じより怖く感じさせます。

画像出典:YouTube動画のスクリーンショット

 

何とな〜く覚えていませんか?この髪の毛を櫛でとかす場面。今動画をご視聴可能であれば全体でも1分20秒しかないので是非ご覧になってください。「きゃー!」と悲鳴を出すようなシーンではありません。ただ不気味で怖いシーンです。

なぜ?!なぜ髪の毛をとかしながら鏡に近づいているのですか!映画の演出なのは分かりますが、不気味な音楽と、雅子さんの演技で、とても怖く仕上がっています。あんなに美しくて花のような女性が、役次第ではここまで怖くなったり不気味になってしまうのですね。女優さんって本当に凄い。

 

雅子さんは、リングにはシリーズで出演されています。先ほどは白黒でしたが、今回はリング2のの貞子の母親役でまた鏡を見て髪をといています。今回はカラーですが、また怖いです。ちょっとビクってなりますので、怖い映像だけでなく音が苦手な方はミュートでお楽しみください。




モデルの雅子はブログで映画監督との取材をコラムにしたりとにかく映画好きでした

フランス映画が大好きだと雅子さんご本人もお話されていますが、フランス映画だけに限らず映画が本当にお好きでした。cinemacafeというサイトでは雅子さんのコーナーが設けら映画監督とのインタービューの様子だったり、東京国際映画祭では上映された8本の中のひとつでは、審査員も務めていらっしゃるくらいです。

 

フランス映画がお好きということで、フランス映画祭の作品を紹介するブログ記事が少し多めかな?というところですね。

画像出典元:シネマカフェ

2013.6.19の記事ですが、14本中11本鑑賞するというくらい大好きなのです♪

 

文章もとても面白く文才もお有りで、こうして今映画ブログを拝見していると雅子さんがどんな女性だったのか?お人柄だったのかが伝わってきます。

 

カンヌ映画祭は現地には行けなくても、ネットから女優さんの衣装について意見を述べられていますが、モデルさんということもあってかなかなか酷評でした。笑

2013年のカンヌでは日本人の女優さんの衣装について心配しているご様子でした。

画像出典元:シネマカフェ

 

大好きな映画に情熱を燃やし、モデルとしても女優としても活躍された雅子さんは50才で亡くなられましたが、雅子さんの半生を綴ったドキュメンタリー映画『モデル 雅子 を追う旅』では、また新たな雅子さんを拝見できるかもしれません。

今後も人々の心の中に生き続ける雅子さんの映画、拝見したいと思います。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。