南海トラフ地震が起きる前にすべき3つの備え

南海トラフ地震が起きる前にすべき3つの備え Info

近い将来、南海トラフ地震が起きると耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。南海トラフ地震は周期的に発生するとされており、専門家からの警告がメディアによって報じられています。

 

しかし、南海トラフ地震が起きるとして、どのような備えをしておけば良いのか疑問に思う方もいるかもしれません。本記事では、南海トラフ地震が起きる前にすべき備えを解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

南海トラフ地震の備えは本当に必要なの?

南海トラフ地震は、近い将来に高い確率で発生すると予測されており、国土交通省の気象庁が警戒を呼びかけています。南海トラフ地震の規模は、マグニチュード8〜9クラスになると予想されるため、ライフラインの途絶や交通網の寸断、医療への影響が懸念されているのです。

 

さらに、日本は4つのプレートに囲まれているため、南海トラフに限らず、大地震が発生する可能性が高い国です。万が一の震災に備えておいて損はありません。

南海トラフ地震が起きる前にすべき3つの備え

南海トラフ地震は発生すれば大きな被害が予想されるため、何も対策していない状態だと命の危険があります。ここでは、南海トラフ地震が起きる前にすべき備えを紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

1.家具の固定化する

南海トラフ地震が起きる前に、家具を固定しておきましょう。地震の揺れで家具が倒れたり、移動したりしてしまうと、人に当たって怪我をするおそれがあります。特に本棚やタンスといった大きな家具が倒れる事態は避けたいです。

 

また、倒れた家具が退路を塞いでしまって避難が遅れてしまうことも考えられます。子供や高齢者のような身体が弱い人たちにとって、少しの障害や時間ロスが致命的な被害をもたらすのです。

 

家具を固定する際は、家具と壁を直接つなぐL型金具や賃貸物件を傷つけないテープタイプなどの道具を使って震災に備えましょう。

2.防災セットを常備する

南海トラフ地震が発生する前に、懐中電灯・携帯トイレなどの防災セットや水・食料の備蓄を用意しましょう。震災直後は、救助が到着するまでに時間がかかるため、自分の命を守るアイテムを持っている必要があります。

 

しかし、防災セットを常備していても、いざというときに持ち出せなければ意味がありません。防災セットは、自宅の避難経路上に保管しておきましょう。

 

また、震災による停電に備えて非常用電源を準備しておくと、スマホの充電や調理に役立ちます。おすすめの非常用電源として、AC出力が搭載して、家電に給電できて持ち運びができるポータブル電源 がおすすめです。

3.避難経路を確認しておく

いつ震災が起きても良いように、自宅から避難所への避難経路を確認しておきましょう。

 

震災時、避難経路が分からずにモタモタしていると、建物の倒壊や津波に巻き込まれてしまいます。特に地震発生直後はパニックに陥りやすいため、冷静に行動するためにも安全な場所を把握していることは大切です。

 

また、避難経路は1つではなく複数用意しておきましょう。地震によって想定していたルートが使えなくなっても、別の避難経路に切り替えれば良いだけです。

Jackeryのポータブル電源があれば震災時も電気を使える!

南海トラフ地震後は、電気やガスなどのライフラインが一時的に停止することが予想されます。そこで、ポータブル電源を持っていれば、電力が供給されていない状況でもスマホの充電や調理家電、照明の点灯が可能です。

 

ソーラーパネルとセットしたJackery Solar Generatorは、2000Whを超える大容量の商品がありますので、災害時でも長時間の使用が可能です。さらに、高変換効率の ソーラーパネルとセットになっているため、太陽光を利用して充電できます。

 

また、Jackery Solar Generatorは出力が最大3000Wと高いため、スマホの充電だけでなく炊飯器や電子レンジ、冷蔵庫など扱える家電製品が多いです。

 

震災時の備えとして、コンパクトで持ち運びしやすいポータブル電源とソーラーパネルをセットにした『Jackery Solar Generator』の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

Jackery Solar Generator製品一覧:https://www.jackery.jp/collections/bundle

Rate article
interest-library
Add a comment