中谷美紀の直筆が有刺鉄線に見える?!達筆過ぎて完璧過ぎて本当に結婚おめでとうございます!

%e4%b8%ad%e8%b0%b7%e7%be%8e%e7%b4%80%e3%81%ae%e7%9b%b4%e7%ad%86%e3%81%8c%e6%9c%89%e5%88%ba%e9%89%84%e7%b7%9a%e3%81%ab%e8%a6%8b%e3%81%88%e3%82%8b%ef%bc%9f%ef%bc%81%e9%81%94%e7%ad%86%e9%81%8e%e3%81%8e Entertainment
スポンサードリンク

こんにちは、インタレストライブラリーです。
わたしの朝はとくダネから始まるのですが、今日から小倉さんが膀胱癌手術のため不在で寂しいなと思っていたところ、明るいニュースが飛びこんで参りました。
中谷美紀さん(42才)がドイツ出身のビオラ奏者ティロ・フェヒナー(50才)さんと結婚のご報告をされました。とても美しい容姿はもちろんなのですが、日本のマスコミに宛てられた直筆の書面までもが美しいとツイッターでも話題になっていますのでご紹介します。

【スポンサードリンク】

中谷美紀の結婚報告の直筆書面はコチラ!有刺鉄線に見えるかな?

師範代!と思わず声を出してしまうくらいの美しさですよね。中谷美紀さんはお仕事も忙しくされている中で、日本の伝統文化などにも触れ着物もお好きだということで、日本を代表する女優さんと言われるのも納得ですよね。

有刺鉄線のようだ!という表現には何てセンスだと思いタイトルにも取り上げさせていただきましたが、それくらい文字が綺麗だということです。

中谷美紀の直筆で気になったのが、小さい「私」の文字!間違えちゃったのかな?と思うととくダネMC山﨑夕貴

とくダネで、「綺麗な直筆ですね」と紹介されたあとに、他の文字に比べて「私」の漢字だけ小さいんです。
そのことについてMCの山﨑夕貴アナウンサーが「私だけ小さい文字だと、間違えたようにみえちゃいますね」とお話されていましたが、そこにはちゃんと小さく書く理由があります。

赤枠で囲まれた文字が「私」ですが、確かに他の文字より小さく書かれています。「私個人の事で恐縮ですが…」という気持ちを込めて、挨拶状では他の文章よりも小さい字で書かれてきたんです。
挨拶状は気持ちで出すもの。日本人らしい奥ゆかしさを中谷美紀さんはもっていらっしゃるところがより素敵に感じますね。文章での表現も一流の女優さんだと思いました。(事務文章では「私」の文字を小さくする必要はありません)

中谷美紀の直筆への感嘆の声や結婚への世間の反応まとめ!

中谷美紀の達筆さは業界では有名だった!追記!

今回、結婚報告の挨拶文の達筆さがあまりにも話題になったため、その後Yahoo!ニュースで展開がありました。

「中谷さんは知る人ぞ知る達筆ぶりでした。というのもこのパソコン社会の中、関係者や取材した記者がお礼状を送ると、中谷さんは必ず自筆で返信してくれるそうです。あまりの達筆ぶりで返事を返すのが恥ずかしくなるそうですが、それでも勇気を振り絞って返信するとまたまた返信が届いて文通のような状態になるそうです。中谷さんは手書きでこそ気持ちが伝わるという考えのようで、今回も直筆での発表になったようです」(芸能記者)

女優としては一流の中谷だが、どうやら「書家」としても一流と呼んでいいレベル。今後は何かの題字執筆など、達筆ぶりを生かした仕事のオファーも舞い込みそうだ。

引用元:Yahoo!ニュース

着物姿の凛とした姿に正統派和風美人と称される中谷美紀さんですが、見た目の美しさだけでなく教養、日本の伝統を重んじる真心のある女優さんということが分かるエピソードでした。毎日まいにち仕事が忙しいと言ってボサボサ頭の筆者には、どれだけ忙しくても美しく学び成長を止めない中谷美紀様の輝きに触れ女性としてもっと頑張ろうと思えました。ありがとうございます、そしておめでとうございます!

【スポンサードリンク】

中谷美紀の結婚相手ティロ・フェヒナーの演奏動画!

中谷美紀さんについては情報はたくさんありますが、お相手のビオラ奏者のティロ・フェヒナー氏はテレビ番組見ていても情報が少ないですよね。まず、50才という年齢に見えずとてもお若くみえます。中谷美紀さんが恋に落ち結婚したお相手の演奏動画を見つけましたので是非ご覧ください。赤いスーツの男性がティロフェヒナーさんです。美男美女、素敵ですね。ご結婚おめでとうございます!

貴乃花が景子さんと離婚!貴景勝のおめでたいニュースの直後の話でした。
貴景勝 母親【画像有】とのLINE内容「勝つから見てて!」しかし母純子さんは見逃していたみたい。笑

See also  博多駅衝撃映像!道路陥没の原因はシンクホール?地下鉄延伸工事か?
Rate article
Add a comment