仮想通貨の基本

currency Tips

今では、「仮想通貨(暗号資産)」という用語は馴染みあるものになりました。あなたが自分の目で見たことがない場合でも(見たことがないのには、後述の理由があります)、仮想通貨、暗号資産、ビットコイン取引の概念は、価格の高騰や暴落についてのニュースのヘッドラインや、イーサリアム、リップル、ライトコインなどについて語るインターネット上の人々、仮想通貨に関して投稿するソーシャルメディア上の誰かなどにより、私たちの常識に浸透しています。テスラのCEOであるイーロンマスク氏も、ビットコインや、ドージコイン(かつては先行き不透明でしたが、現在は非常に人気があります)など、かなりの数の仮想通貨についてツイートしています。でも、一体それは何なのでしょう?

仮想通貨は、ブロックチェーンテクノロジーと呼ばれるもので暗号化を介して動作するデジタル通貨として、定義されます。これは私たちに次の質問をもたらします:ブロックチェーンとは?ブロックチェーンは、コンピュータの広範なネットワークによって維持され、仮想通貨取引を説明する、一種のデジタル化された台帳です。ブロックチェーンを変更したり、改ざんしたりすることはできません。ブロックチェーンも仮想通貨も、国の中央銀行のような中央当局によって発行されることはありません。つまり、理論的には政府はそれらに触れることができません。政府が仮想通貨の販売や取引を規制できないと言っているのではありません。規制は可能です。しかし、仮想通貨は暗号化によって保証され分散化されているため、偽造や二重使用は事実上不可能です。これは、あなたが何も「見た」ことがない理由も説明しています。

仮想通貨のメリットは?

金融システムにとってプラスかどうかということから、ビットコイン取引の概念まで、仮想通貨やその側面には、多くの意見があります。仮想通貨を歓迎する人々は、仮想通貨がお金の使い方を完全に変えたり、より速く安価な送金を促進する可能性があると言います。彼らはまた、仮想通貨の分散型の性質は、ある時点での誤動作の傾向がないため、従来のシステム(特にブロックチェーンテクノロジーで実行されないもの)よりも優れていると考えています。実際、フィンテック業界には、ブロックチェーン技術が仮想通貨をはるかに超えて、金融、医療、さらには法律にまで拡大することを期待している人もいます。

しかしながら、仮想通貨に反対する人々は、価格の変動性の高さ、マネーロンダリングなどの犯罪行為での使用の可能性、ビットコインのマイニングには非常に高レベルのエネルギーが必要であるという事実など、より論争の的となる側面を指摘しています。実際、最近の調査によると、ビットコインの採掘により、毎年65.4メガトンの二酸化炭素が生成される可能性があり、これはギリシャと同じ大きさの国の、二酸化炭素排出量に相当します。このように、仮想通貨とそのユニークなテクノロジーは、革新をもたらす可能性があると歓迎される向きがある一方、環境への影響を主要な欠点として懐疑的な見方もされています。世界最大の仮想通貨マイニングソースの1つである中国でさえ、20215月にマイニング活動を禁止し、ビットコイン取引サービスが国内で事業を継続することを禁止するまでになりました。

仮想通貨価格をCFDとして取引

価格の高い変動性に言及したのを覚えていますか?このような変動性は、ビットコインやイーサリアムを購入して保有し、後日売却することを目的としているトレーダーにとって、大きな悩みの種になる可能性がありますが、その変動性は、CFDContracts For Difference)に投資する人々には、チャンスとリスクの両方をもたらす可能性があります。CFDでは、基礎となる資産を実際に購入することなく、様々な仮想通貨の価格の、増額と減額どちらの方向への動きにも投資できます。基本的に、実際の仮想通貨を所有したり、e-wallet(取引や商品の購入に使用する予定の、購入した仮想通貨を保存する電子ウォレット)を気にすることなく、価格変動に投資するからです。

仮想通貨はどれほど不安定になる可能性があるでしょう?ビットコインが2009年に最初に公開された直後、価格は約0.09ドルから始まり、202111月までに68,000ドル超の史上最高値まで上昇しました。そのわずか2か月後の20221月に33,000ドルに急落しました。ビットコインなどの仮想通貨は、複数の理由により変動性が高い傾向があります。商品やその他の取引可能銘柄と同様、ビットコインの価格は需要と供給に大きく左右されます。そして、先ほどお話ししたこれらのヘッドラインは、ビットコインの価格を変える役割も果たします。業界のインフルエンサー、アナリスト、企業のCEO(先ほども言及した、イーロンマスク氏などです)による投稿の後、仮想通貨の人気が変動することが知られているためです。

CFDビットコイン取引は簡単に思えますが、市場、特に仮想通貨がどのように機能するかを、しっかりと理解する必要があります。仮想通貨CFD取引市場への参入を検討しているのなら、取引ガイド、ビデオチュートリアル、取引を実践するためのデモ口座など、クライアントに教育リソースを提供する評判の良いブローカーを見つけるのが最善です。知識に加えて、潜在的な機会を特定し、取引戦略を最適化するのに役立つ、市場アラート、分析チャート、取引シグナルなどのさまざまな取引ツールも必要になります。覚えておきましょう。仮想通貨は変動性が高いので、十分な情報に基づいた取引における意思決定ができるよう、可能な限り学習することが大切です。

Rate article
Add a comment