ポータブル電源とは?~どれが良いの分

ポータブル電源 technology

からない!購入するときの目安~

容量が大きく、持ち運びが出来る便利なもの、それがポータブル電源です。コンセント無しで使用可能、キャンプ、車中泊や災害時などに使えます。

日本は特に災害が多いので、一家に1台あるべきと言っても過言ではないでしょう。ネットで検索しただけで多種多様、どれをどう選んだらいいのでしょうか?皆さまの用途に合わせて選びやすいよう、2大ポイントを分かりやすくご説明します。

1.容量と定格出力  ~どれくらい使用できるのか?~

容量400Wh708Wh1002Wh1534Wh2160Wh
定格出力200W500W1000W1800W2200W
スマホ(18W) 22回40回54回74回110回
パソコン(30W) 5回9回12回16回23回
車載冷蔵庫(60W) 28時間51時間66時間90時間120時間
電気毛布(55W)6時間10時間13時間17時間68時間

※スマホとパソコンは充電回数です。

上の表を参照に、容量が400Whで定格出力が200Wの場合、

・199Wの電化製品を使用したら、使用時間は約2時間程度

・消費電力が18Wのスマホを充電できるのは、約22回程度

ちなみに、使用したい電化製品の消費電力が定格出力のW数を超えていると、動きが遅くなったり使用できなくなったります。適切なW数を選びましょう。表はあくまで目安程度にしてください。機種や使用環境などで多少の差が生じます。

2. 出力ポートタイプ ~どんな差し込み口があるか~

・ACポートが3個

・USBポート

 Aタイプ2個,Cタイプ1個

・シガーソケット1個

・充電ポート2個      

ACポートが3個

・ACポートが3個

・USBポート

 Aタイプ2個、Cタイプ2個

・シガーソケット1個

・充電ポート1個

2つのタイプから見てみると、容量が大きくなるほど差し込み口も増えています。

用途としては、コンセント(ACポート)、USB、シガーソケットがあります。画像の3タイプ以外に、メーカーや容量によって個数が変わるので、購入時は差し込み口も覗いてみてください。

3、ポータブル電源おすすめのメーカー

いろいろなメーカーの商品があるのですが、今回はアメリカで設立されたポータブル電源メーカー「Jackery(ジャクリ)」を紹介いたします。業界ではトップクラス。1番人気があるんです。

その理由は、こちらです。

・製品の回収、リサイクルサービス

・最大5年間の補償期間(※製品によって異なります。)

・30日間返金制度

・修理、点検などのアフターサービス

・一般社団法人防災安全協会が認定

・超大容量モデルから3.1kgの軽量モデルまで幅広いラインナップ

・CESイノベーションアワード受賞

・Red Dot Award 2021プロダクトデザイン賞受賞

公式HPAmazon楽天市場Yahoo!ショッピングで購入することが出来ます。

4、まとめ

ポータブル電源は、キャンプや車中泊を快適に楽しめるのはもちろん、災害時の緊急事態が起きたとき、心の支えになる装置でしょう。ソーラーパネル付きで太陽光発電も可能な製品もあるので、エコにも繋がります。

普段の生活で使用するのも、良いかもしれません。価格は3万円位から20万円を超えるものまで、幅広くあります。

1.容量と定格出力、2.出力ポートの2大ポイントをご説明させて頂きました。

ご使用している電化製品に、合うものを選ぶための参考になったら幸いです。

もしメーカーで迷われたら、安全性、信頼性の高いJackery(ジャクリ)が良いかもしれません。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Rate article
interest-library
Add a comment