タブレットVSラップトップ

technology

ラップトップは近年開発が急激に進んでいる電子機器の一つです。ありとあらゆる会社が、デスクトップなどのコンピューターと同レベルの水準を満たそうと実験と研究がなされています。一方、タブレットも他の電子機器と同様タブレットとは思えないような高スペックな製品が次々と発表されています。ラップトップとタブレットにはそれぞれメリットとデメリットがあるので両方とも見ていきましょう。

ラップトップのメリットとデメリット

ラップトップは基本メモリやストレージなどのスペックが高く、重いデータでも簡単に処理ができてしまいます。画像編集や映像編集ソフトを用いてタブレットでは捌ききれないほどのデータを扱ったり、PC作業を快適にこなせるのが強みです。USBやHDMI、SDカードスロットなどはもちろん、プロジェクターなど様々な周辺機器と接続できるのもラップトップならではの特徴と言っていいでしょう。タブレットと比較するとラップトップはやはり携帯性が劣ります。ラップトップは軽量モデルであっても1000〜2000gの製品が中心です。製品によっては1000gを下回るモデルもありますが、携帯性を重視し過ぎるとスペックを犠牲することになり兼ねないので、注意しておきましょう。その点でHUAWEI Matebook 14は軽さとスペックを両方満たしている製品です。

タブレットのメリットとデメリット

タブレットはサイズが7〜12インチ程度とコンパクトで、軽さは300〜800g程度。気軽に持ち歩けるのが魅力です。ネットサーフィンはもちろん、電子書籍や動画配信サービス、ゲームなどのアプリも豊富で、さまざまなコンテンツを楽しめます。携帯性に優れているため、場所や姿勢を選ばず使えるのもメリット。ソファや寝室で寝転びながら使用したり、電車で立ちながら使用したりと幅広いシーンで活用できます。

また、タブレットはタッチパネルを採用しているので、ペンで直接画像やデータに書き込みやすいのもポイント。大学や会社でも書き物が多いため、タブレットを使用すことで紙の使用量を減らすことも可能です。

さらに、多くの製品がカメラを搭載しているので、写真の撮影やビデオチャットなどもスムーズにできます。タブレットはラップトップと比較すると、基本的にスペックは低めで、重いデータを扱う用途では不便に感じることがあります。なお、Windows OSを搭載したタブレットPCはiOSやAndroid OSを搭載した通常のタブレットと異なり、Windows対応のノートパソコンと遜色なく使えるモデルもあります。

結論として

タブレットにはタブレットなりの良さを含んでいてラップトップもラップトップなりの良さがあるため、自分の生活スタイルに合わせるのがいいですよね。筆者はタブレットは動画や書き物をする時、ラップトップはもっと事務的作業をする時と作業のスタイルによって変えています。

 

Rate article
Add a comment