NASAが打ち上げに成功したジェイムズウェッブ宇宙望遠鏡について

Tips

昨年12月にNASA(アメリカ航空宇宙局)が打ち上げに成功したジェイムズウェッブ宇宙望遠鏡。この話題は世界的に今でも注目の的であり、テクノロジー関連のウェブサイトを運営し、電子部品のオンライン販売店であるRSコンポーネンツのTwitterでもその関連ニュースはフィーチャーされています。

ジェイムズウェッブ宇宙望遠鏡とは?

ジェイムズウェッブ宇宙望遠鏡(James Webb Space Telescope)は、JWSTまたはウェッブと呼ばれることもあるNASAで最大かつ最も強力な宇宙科学望遠鏡です。100億ドルも懸けられているこのプロジェクトには多く人々からの期待や希望が寄せられています。また、NASAのグレートオブザバトリー(Great Observatories)、ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)などと並び巨大な宇宙機器の1つであり、補完および拡張する赤外線天文台で、より長い波長範囲と大幅に改善された感度を備えていることも特徴です。

目的

この宇宙望遠鏡は太陽を周回する赤外線天文台で、初期の宇宙で形成された最初の銀河を見つけ、星が惑星系を形成しているのを確認します。燃料がなくなるまで観測を続ける予定とのことで半年ぐらい観測は続くそうです。また、ジェイムズウェッブ宇宙望遠鏡の宇宙観測に置いての目的は、宇宙を精査し、ビッグバンからエイリアンの惑星形成までの宇宙の歴史を明らかにしてくれることで、いまだに謎めいた存在である宇宙の謎やもっと多くの情報を更に深く知るための大きな手助けになると言われています。

現在と今後の動き

2021年12月25日にフランス領ギアナのクール―にあるESAの発射場からジェイムズウェッブ宇宙望遠鏡が打ち上げられて以来12週以上経過しており、現在はステージ6の望遠鏡内の全機器の視野の位置を合わせる段階にいるようです。James Webb Space Telescope (JWST)という名のNASAのYouTubeのチャンネルでコンスタントに動画を更新しており、最新の情報を見ることが可能です。今後もこの歴史的な大プロジェクトの動きから目が離せません!

Rate article
Add a comment