億り人になれる人となれない人は、ここが違う?

money Tips

若いうちから投資で成功し、海外移住をして優雅な生活をソーシャルメディアに載せて暮らす『FIRE』と呼ばれる人々に憧れる方も多いのでは?

でも、誰もがこの優雅な生活を送れるのでしょうか?簡単になれるものなのでしょうか?おそらく、簡単になれた方もいれば、ずっと挑戦しているのに、なかなかなれずにイライラしている人も居ると思います。

成功した人たちは、私たち一般人と何が違うのでしょうか?

億り人になれる人とは?

投資などで成功し、1億円以上の利益を手にした人の事を『億り人』と日本では呼びます。そもそも、この『億り人』になる人とは、どういう人たちなのでしょうか?普通のサラリーマンでもなれるのでしょうか?それとも、『専業トレーダー』と呼ばれる日頃から株価などに投資を行なっている個人投資家にしかなれないのでしょうか?

実は、この億り人になるためには敢えて専業トレーダーになる必要はありません。

投資の世界では『リスク&リワード』と呼ばれる、『1日に○○円の損失が出たらやめる、1日に○○円の利益を出したらトレードはストップする』と言うルールを設けて実践する方が一般的になれると言われています。

投資に限らず、オンカジ入金不要ボーナスがあるオンラインカジノでも自分でルールを設け節度あるプレーが大事だと言われています。

なので、億り人になれる方には、自分自身で設けたルールや蓄えた知識をルールに沿って行動に移す方が多いのです。

億り人になれない人とは?

では、億り人になれない人は何が違うのでしょうか?

まず、トレードで成功している人は銘柄の価値が上がったり下がったりするのを追える「チャート」という指数表を見て過ごしている時間が長いと言われています。

確かに利益が発生した時点で買った銘柄を売る行為を短時間で繰り返す『スキャルピング』と呼ばれる方法で、利益を爆発的に増やして稼ぐ方もいます。でも、これはチャートの読み方をちゃんと理解しているから可能となります。

もし、チャートを見ながら学ぶ時間を十分に割かず、損失ばかり出している方はここから改善する必要があります。取引している銘柄の価値が上がり下がりするのには流れがあり、また、それには理由があります。成功している人たちは、これを理解した上でチャートを見ています。

さらに、億り人になれた人となれない人の大きな違いは、100%勝ち続ける事を理解しているか否かが大きいです。

どんなに取引で利益を出し続けた人でも、連勝し続ける事は難しく、絶対に損失が発生する事を承知の上でトレードを行っています。なので、先にお伝えした通りの『リスク&リワード』をしっかりと守りながらコツコツと利益を増やせるかが鍵となります。

まとめ

億り人になるには、何か魔法や奇跡が必要だと思われているかもしれません。確かに、『運も実力のうち』というくらいなので、時には必要な要素なのかもしれません。でも、実際に注意深く観察してみると『塵も積もれば山となる』を忍耐深く実践している方が、億り人となり優雅な生活を勝ち取っていると言えます。これを機に、心を入れ替えて目標へと向かってみませんか?

 

Rate article
Add a comment