とっても便利|他人のiPhoneを探すには?

Tips

今回は自分の端末ではない、他の人のiPhoneを探したい・居場所を確認したい場合はどうするかを紹介します。

なぜ他人のiPhoneを探すための方法を知っておくといいのか?

他人のアイフォンを探すときは紛失時以外にも使えます。居場所を特定する機能があるため、例えば以下のようなケースにおすすめです。

  • 子供の外出時安否確認や学校をサボったり、怪しい場所にいってないかを確認したい
  • 恋人や配偶者が浮気をしていないかの調査・追跡
  • 経営者や管理職が従業員を職場で実際に仕事をしているかの確認
  • 両親や親戚が街中で迷子にならないようにするため

この記事では、mspyログインを使用して、他の人のiPhoneを見つけ、愛する人の居場所を監視する方法を紹介します。

他人のiPhoneを探すにはどんな方法があるか

高いセキュリティー水準でなかなか追跡ができないiPhoneですが、いくつか方法はあります。初めに誰でも簡単に探せる2つ方法があります。

  1. iPhoneの「探す」アプリ

位置情報を共有することで、人を探したり・無くしたiPhoneをさがしたり、人・モノの両方を探すことができる。それがiPhoneを「探す」アプリです。「探す」アプリ自体は費用がかからず、標準アプリのため、追加でインストールする必要がありません。ただ、このアプリを使用する際には事前に調べたい人のApple ID とパスワードを知っておく必要があります。

デメリット:特定したい端末のiCloudのパスコードが必要

メリット:各端末の標準アプリで、インストールが不要

  1. iCloud経由で「iPhoneを探す」を使う

位置情報を特定する機能を使い、しかも電源が切れてしまった場合でも探すことのできる機能です。iCloudにサインイン後、リモートからでも追跡ができてしまう機能です。こちらも上記同様にiCloudを経由する場合はもちろんその人のApple IDが必要です。この機能は、iPhoneを探す際、他人の端末を探すのにも役立ちます。

デメリット:特定したい端末のiCloudのパスコードが必要

メリット:各端末の標準アプリで、インストールが不要

mSpyをつかうのが一番簡単自分や他の人のiPhone方法

上記の方法ですが、相手のパスワードがわからない場合は居場所の特定が困難となります。またiPhoneを探したい人が「iPhoneを探す」機能をオフにしてしまった場合は、もうお手上げ。実は誰でも簡単にこの機能を無効にできてしまいます。

じつは簡単に他人のiPhoneを相手に知られずにこっそり探せる方法があります。それがmSpy(エムスパイ)です。上記で挙げた「iPhoneを探す」や「探す」機能と異なり、インストールがされたかわからず、相手に知られずにスマホの情報を管理できてしまいます。もちろん、相手が勝手にオフにすることもできません。広範囲で位置情報正確に、しかもリアルタイムで把握できます。他にも指定をした場所に入った瞬間に、アラート通知をうけたり、安心してチェックできます。

まとめ

他人のiPhoneを探す方法をうまく活用することで、親しい人の安否確認、通学や通勤、浮気チェックなど手軽に確認ができてしまいます。うまくつかいこなしてみてください。

Rate article
interest-library
Add a comment