小林麻央 皮膚転移!臭いや痛みの症状説明!精神的に追い込まれる患者達!

この記事は4分で読めます

乳がんで闘病中の小林麻央さん。
ブログKOKOROではいつも前向きな記事が投稿され、
読んでいるこちらが元気をいただくほどですが、
乳がんによる、骨、肺、さらに皮膚転移が発覚し、
転移による痛みや、皮膚転移での気になる臭いなど、
今現在、どのようなお身体の状況なのでしょうか。

スポンサードリンク

小林麻央皮膚転移!臭いに悩む患者さんが多い現実!

乳がんの進行による皮膚転移は、骨や肝臓など離れた臓器に転移する遠隔転移に比べ
皮膚転移は数としては少ないようですが、「臭い」の症状で患者さんを悩ませています。

皮膚転移が発症するのは治療を始めて2-3年で起きることが多く、
皮膚という目に見えて分かりやすい転移箇所でもあります。

2016年の6月9日に夫である海老蔵さんが記者会見をし、
1年8ヶ月前に乳がんが判明したと言ってますので、
小林麻央さんも今その状況であるということですね。

皮膚転移すると、「臭い」が気になる患者さんや、
ご家族が多いという話ですが、
なぜ臭いが出るのかをご説明します。

まず、症状として1番始めに出るのが、『皮膚の赤み』です。
胸に紅葉のような赤さがある、などと気づく方が多いように感じます。

始めは虫に刺されたのかな?
という小さいものですがどんどん箇所が大きくなります。
初期症状では痛みやかゆみなどはなく、赤みとして現れます。

その後に、『しこり』としてあらわれてくるようになります。

そして皮膚上にただれの症状が出てきて、
潰瘍となりジュクジュクしてくるんですね。

浸出液が滲んできたり、傷口と同じですから血も出てきます。
ここからは痛みも伴ってきますし、少し熱も帯びてきたりするそうです。

傷口からはバイキンが入りやすく、そこにトリコモナスなどの嫌気性菌や真菌が感染すると臭いが出てくることに。

健康な人であれば、傷口もほっといてもかさぶたになり自然と治るものですが、
抗がん剤治療で白血球も少なく細菌が感染しやすくなってしまいます。

皮膚転移の部分が大きくなるほど、感染して臭いも出てくるのですが、
一般的な臭いよりも独特で強く出ることから、患者さん自身のストレスになりますし、
ご家族や周囲の方にも気を使って精神的に追い込まれることが多いようです。

浸出液は、患部にガーゼをあてていますが、
どんどん出てくるので3時間おきに変えるなど手当をしています。
処置にも、患者さんの個人差はありますが、1時間ほどかかったりするようです。

転移箇所にもよるのですが、
患者さん自らの手では届かないところに潰瘍が出来ることもありますよね。
そうなると、看護師さんなり家族なりに患部のケアをしてもらうことになります。
自分だけで解決できるケアではないのです。

その中で、皮膚転移された患者さんのお話では、

・ガーゼを変えているときに家族が嫌な顔をされる
・自分の服と一緒に洗濯しないでと旦那に言われた

身内からこんなことを言われた、凄く悲しいです。

闘病して毎日戦かいながらも、
家族に迷惑をかけてしまっていると自分を責める患者さんも多いはず。

麻央さんも先日の「市川海老蔵にござりまする」でも話していました。
「迷惑かけてごめんね」と思ってしまうと。

患者さんが自身が闘病してがんばっている中、
更に精神的にも追い込まれるなんて辛過ぎます。

また、潰瘍部分からは浸出液だけでなく出血もしていることから、
シャワーを浴びるときの痛みだったり、シャワーを浴びるたびに、
床が赤く染まるのを見ると不安に思うなど、
皮膚という表面に目に見えて分かるからこその精神不安も大きいようです。

スポンサードリンク

小林麻央ブログKOKORO「読みたい方だけ」アメンバー限定記事!

2017年1月に入って、小林麻央さんばアメンバー限定記事を書かれています。
2記事にわけて内容は綴られているようです。

いつも元気で前向きな麻央さんですが、
公けには言えないけれど、心の内をアメンバーという
麻央さんを応援している人たちに向けて書いているんでしょうね。

ときには弱音を吐きたいときだってあります。
毎日、痛みと戦って、闘病しているのですから。

わたしは、今健康でありながらも、
ちょっとの失敗や人間関係でも悩んだり後ろ向きになったりしていますから。
麻央さんは強いと夫の海老蔵さんもおっしゃってますが、
身内にだけ見せる、闘病中の辛い部分も多くあると思うのです。

そこには、もしかしたら皮膚転移の「臭い」などの悩みもあるかもしれません。

先ほど、皮膚転移についてどんな症状かご説明しましたが、
気になる「臭い」や「痛み」を軽減する方法もあるんです。

少しの負担でも軽くしたい、
そんな病院の先生や家族、患者さん本人の願いを少しでも叶える
症状軽減する方法は以下の通りです。

皮膚転移の臭いを消すにはメトロニダゾール軟膏が効果的!

聖路加国際病院の中村先生が、試行錯誤しながら、
皮膚転移の潰瘍の臭い対策をされてきました。

臭いへの一番の対策は感染を防ぐことにありますが、
すでに感染してしまった場合は何が効果的なのか?

それは、病院内の薬局で製剤化した軟膏、
「メトロニダゾール」です。

メトロニダゾール軟膏を継続的に患部に塗った方から

・軟膏を使い始めて3日~5日程度で臭いが消えた
・症状が改善した

という報告が上がっています。

メトロニダゾールは肌に塗らずに錠剤を飲むことも出来るそうですが、
胃腸障害などの副作用が懸念されることや耐性菌のことなどを考慮すると、
乳がんの皮膚転移の場合は、長期間患部の治療にあたことになるので、
軟膏にして皮膚に直接ぬるほうがいいとのこと。

やはり、女性って特に臭うことについてもデリケートな部分ですよね。
その臭いを気にして、病室を出たがらないだとか、
人に会うのを嫌がるようになることもあるそうなので、
塗るだけで臭いや痛みが軽減する軟膏があることで、
精神的にも前向きになれ、病院にまた通えるようになるなど、
患者さんにとって大きな悩みを取り除いてくれるようです。

体の負担も計り知れない中で、精神的負担だけでも少しでも取り除きたい。
そんな思いでつくられているんだと今回知り心がじんわりしました。

メトロニダゾール軟膏で、皮膚転移での臭いや痛みで悩む女性が、
少なくなっているといいですね。

スポンサードリンク

【関連記事】
小林麻央ブログKOKORO更新で大島康徳を救う!癌になったのは誰のせいでもない!
小林麻央ブログKOKOROで分かる余命!骨や肺などに転移が有るとどうなる?
小林麻央 ブログKOKORO最新記事!1月現在の余命や病状があぶない!

【こちらの記事も読まれています】
松野莉奈 死因はウイルス性脳症か?2/7にインスタで家族との箱根温泉画像も!
COWCOW善し嫁と離婚協議中!不倫相手は下北沢メキシコ料理の店員か?!
葵つかさ(画像有)と松潤に文春砲!なんで俺こんなに会いたくなっちゃうんだろう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク