東国原英夫 嫁の春香(画像)へのプロポーズと結婚理由が酷い!「将来介護してくれないか?」

この記事は3分で読めます

2018年新年早々におめでたいニュースです。
東国原英夫さんの嫁の春香さんが、
2017年10月5日に第一子となる男の子を出産されました。
今現在3ケ月目になりますね♪

生まれた時の体重は2832グラムで、名前は「英ノ丞(ひでのじょう)」くん。
東国原英夫の「英」を入れ、出身地の都城市に近い名前を意識したそうです。

【スポンサードリンク】



東国原英夫 嫁の春香(画像)との出会いとキッカケは都知事選落選の落ち込んでいるときだった!


※現在40歳の嫁の春香さん、お綺麗ですね♪

東国原さんは嫁の春香さんとは2014年9月16日に入籍。
東国原さんの誕生日の日でした。

春香さんとの出会いは、2011年4月の東京都知事選(落選)後。
宮崎で友人が開いた東国原さんの激励会に春香が出席していたことから。

落選後で打ちひしがれていた頃に、
春香さんが陰で支え、励まし、元気付けてくれたことからすぐに交際に発展しました。

東国原英夫の嫁春香のプロフィール!ホステスじゃないですよ!

着物姿で美しいので元ホステスじゃないか?
とも噂されたのですが事実ではありません。

東国原氏が春香さんの着物姿が好きなので、
家でで迎える時は着物でいて欲しいということなんだそうです。
(それに応える春香さんもすごいですね!わたしは無理です!)

春香さんも着付けが得意のようで、
お茶やお花などたしなむ素敵な女性です。

【春香さんプロフィール】
誕生:1977年生まれ
出生地:長崎県
育ち:富山県
大学:お茶の水女子大学
職歴:宮崎県庁や宮崎市役所等に非常勤(22条職員)として勤務、医療事務、家事手伝い
趣味:料理・着付け・お茶・お花等
資格:介護職員初任者研修資格

【スポンサードリンク】


東国原英夫のプロポーズが酷い!介護してくれってそりゃないよー!苦笑

お二人が交際に発展したのが2011年。
その後、結婚を意識する出来事が起こります。

【東国原さんの母親の入院】
東国原氏の母が要介護3の状態でかつ高齢なこともあり、入院しても病気は中々治癒・完治しませんでした。
その間、春香さんが献身的かつ看病・介護してくれた姿に、感謝そして感動したそうですね。

と〜っても素敵なお話じゃないですかー。
でも、そこで東国原氏が考えていたのが、

私も50代後半となり、今後の人生(老後の人生)等を真剣に考える時期になり、

将来不安(独居や介護、孤独死等)は、社会問題だけでなく、身近な問題として考えざるを得なくなりました。

そういう要因もあり、結果的に結婚を決意しました。

【引用元:東国原英夫オフィシャルブログ】

そこか〜い!
わかる、わかりますよ!
だけどだけどそこは、春香を愛してるからって言って欲しかったー!
(わたしの希望ですがw)
女性ならそうストレートに言ってもらえると嬉しいなと。
しかし、東国原さんはこうプロポーズをしたそうです。

プロポーズの言葉は、彼女が母の介護をしてくれているとき、
耳元で「将来、僕の介護もしてくれないか?」と頼んでみたら、「はい、喜んで」と返事が返って来ました。

【引用元:東国原英夫オフィシャルブログ】

うそー!
超出来た奥さんだしー!
惚れた方が負けというやつでしょうか。
でも、その後ちゃんと改めて素敵な一言をつけ加えています。

「僕が死ぬとき、最後に目を閉じるとき、君の顔を最後の映像にしたい」

次はまたちょーキザっすね!
何とも羨ましい!ロマンティックが止まりません!
素敵なプロポーズで2014年にご結婚されました。

2017年年末か家族水入らずで過ごしたそうです。
宮崎県内でお宮参りも済ませています。

東国原さんの3度目の結婚はお子さんも生まれてこれが最後の結婚になりそうです。
是非、春香さん似の男の子であって欲しいと思いますが、
今のところおでこと目が東国原さんにそっくりとのこと!
すくすく健やかに育って欲しいですね。

春香さん、東国原さん、ご出産おめでとうございます!

【スポンサードリンク】






【2018年新春の出来事まとめ】
※カヌー日本代表がライバルに薬物を盛った衝撃ニュース!
カヌー鈴木康大の嫁は久野綾香で子供もいる!福島二本松市でSPORTS CLUB DREAMを運営!
ローガンポールの年収は年齢22歳にして11億円!アメリカでも警察沙汰になっていた!
松本金太郎の母がインスタで美少年画像アップ!妹の松田美瑠ちゃんや父染五郎のプライベート画像も!
渋谷ビル火災(画像)は東京スパイス酒場!東京都渋谷区宇田川町29-7 宮田ビル2階!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。