ET-KINGいときん 現在肺腺がんでステージ4!ブログに五島列島ライブにTENNがやって来たと報告!

この記事は3分で読めます

日本のJ-POPグループであるET-KINGのメンバーである
いときんさんが肺腺がんだと公表し治療に専念すると報じられました。

また、ステージ4の進行がんであることが2017年7月に判明しています。
いときん本人のコメントも掲載され「リンパ節、そして脳にも転移しております」と公表した。

スポンサードリンク

ET-KINGいときん結婚して嫁がいた!wiki風プロフィール!


【出典:ET-KING(Official Page)

兵庫県三田市出身。
三田市立上野台中学校・兵庫県立有馬高等学校を卒業。
高校卒業後の1997年に大阪の福祉専門学校へ進学してからは、柔道整復師の免許を取得している。

「イトキン」という名前の由来は、専門学校時代に、
漫画「僕といっしょ」の登場人物である伊藤茂(通称「イトキン」)に似ているという理由で呼ばれたことによる。

1999年、社会人となり、その後TENN、KLUTCHとET-KINGを結成した。
結成前はバンド活動の経験もありギターを担当していた。
ET-KINGの特徴的な衣装である法被(ハッピ)の番号は「壱」番。

2007年に「愛しい人へ」が大ヒットしデジタル・ダウンロード件数100万件を突破した!
筆者も青春真っ只中のときの思い出深い一曲です。

人気絶頂でライブも活動も行っていたが
2014年9月25日、上原多香子の夫でもあったTENNが死去。
この影響により、活動を一時休止していました。

しかし、2015年に7月1日6人体制で活動再開を発表。
活動休止中に自分たちのスタジオを完成させ、レーベルも設立。
イトキンの芸名をひらがなの「いときん」に改め、プロデューサー名義を高平 真作(たかひら しんさく)に改名。

その2年後の2017年7月にいときんが肺腺がんのステージ4であることが分かり
治療に専念し「生きる」ことを選択肢活動休止し現在に至る。

誕生日は1979年3月3日で今年で38歳。
ミュージシャンとしても脂が乗っている年齢での大病に驚きましたが、
しっかり治療に専念し早く復活してくださることを願っています。

また、いときんさんは6年前の2011年に一般女性と結婚しており
大阪の帝国ホテルで挙式されています。

お子さんの情報や、子供の画像はブログにはなく
報告もされていないため不明ですが、恐らくまだ子供はいなかったのではと思います。


嫁からのファーストバイトのシーン。
アイコンのパナマハットを結婚式でもかぶっています。


ET-KINGメンバーでの結婚式での生ライブの様子。
様々なジャンルのアーティストである参列者が自分達のお祝いの気持ちを歌として、新郎新婦へプレゼントしていました。

スポンサードリンク

ET-KINGいときんがブログでTENNが来たと報告する!

いときんさんはラインブログを運営しており、
ライブ活動や、手がけるグッズの情報をアップしていました。

そこで、2017年7月16日に「五島」というタイトルのブログを投稿。


【画像引用元:いときんオフィシャルブログ

素晴らしい島でした。

一曲目で、ステージに蝶々が飛んできて、

歌っている僕の右腕にとまりました。

周りに一匹もいないのに、その子だけ。

TENNが来たと思いました。

それ言うたら、島の皆さん分かって下さいました^_^

最後のギフトで、また飛んで来てずっとステージ周りをとんでいました。

実際のライブ動画でも蝶々が飛んでいるのが分かります。
きっとTENNさんです。
五島列島は亡くなった人に会える島という逸話もあるとか。

五島へのライブへ行くときに、バスに乗って移動したようですが、
いときんさんはライブに参加する方へ席を譲ったのです。
いときんさんの優しい一面が垣間見えるエピソードですね。

7月に細胞検査などをした結果、
ステージ4の進行がんであることが判明しており
リンパ節、そして脳にも転移していることを公表しましたが、
ライブの16日、TENNさんが蝶々となってやってきた日は
肺腺がんということは分かっていたのでしょうか。

TENNさんがいときんさんを応援しに来てくれたように思えます。

7月26日からすでに、大阪市内の病院に深部静脈血栓症の為入院。
そのままガンの治療にも進んでいくようです。

ファンからもいときんさんへの応援メッセージが多く投稿されています。

スポンサードリンク

【こちらの記事も読まれています】
西川史子激やせで疑うべき病気は? 2017年画像で見る病的ヤツれに心配の声!
斉藤由貴 不倫相手は診察道具を持たず週4回往診!夫は診察もマンションの存在も知らなかった!
橋本健の嫁子供画像有!嫁が新潮に「不倫は決定的ですね」と語った内容全文!
だいたひかる乳がんステージⅡB!旦那(画像有)との熱血闘病記!女性自身全文!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • yuki
    • 2017年 10月20日 8:18

    負けないで下さい。
    癌ほど治りやすい病気は、ないといいます。私も、大事な人が、大腸癌。肺、肝臓に転移。
    いろいろと、あらゆることを、全てやり続けて、先日、両肺にあった癌が、消えました。癌は、治る!頑張って下さい。